◆パンシェルジュ1級​

◆お肉博士1級

◆総菜管理士3級

◆デリカアドバイザー

◆ジュニア野菜ソムリエ

◆フードアナリスト3級

​◆文部科学省許可 財団法人 

日本余暇文化振興会  

健康食育マスター2級

Ayako  Takahashi
​高橋 亜矢子

◆mama8080(ママパンパン)主催

​◆コープみらいカルチャー専任講師

​◆レコールバンタン専任講師

【講師実績】

◆大手製パン「女子社員研修」講師

​◆大手ベーカリー「サンドイッチ講習会」講師

◆製パン問屋「メニュー開発講習会」講師

​立教大学卒業後、大手食品メーカに就職。

ファミリーレストランやファーストフード、コンビニなど多くの外食企業のメニュー開発を手掛ける。

ここ10年ほどは、人気ベーカリーや大手製パン各社、コンビニのパンのメニューを開発。

パンのトレンド、売れ筋、またお店の情報や販促については圧倒的な情報を持つ。

​プライベートでは二人の男の子の母。

◆講師依頼

◆レシピ開発

​◆取材や撮影

パン、外食、中食、ファーストフード全ての開発のご相談承ります。食のトレンドや調査資料作成、及び市場調査などもご依頼下さい。

資格も技術もない私が
パン職人相手に奮闘した10年・・・

​もともと料理が好きだった私が、メニュー開発がしたくて入社した食品メーカー。

念願かなって配属された開発部署で言い渡されたのは・・・

「パンのメニュー開発」でした。

知識も技術も無い、それどころか一度も焼いた事が無かったパン

これが、私とパンとの初めての出会いでした。

老舗パン屋の職人や、大手製パンメーカー相手に、ひたすら焼いてはメニュー提案。

「底が焦げたパン」、「硬くて食べられないパン」・・・。

そんなパンを、プロ相手に提案する恥ずかしさ、悔しさ。

その思いをバネに、そこからは昼夜、無我夢中でパンを焼き続けました。

1日100個、200個、焼いては提案の日々。

その一方で、パンの調査やトレンド、全国に出向いて休日返上で調べました。

続ける事10年・・・。

​気付けば、プロ相手に「美味しい!」「メニュー採用決定!」「パンのトレンド教えて!」、そう言われるようになっていました。

 

出産、子育て、両立の厳しさを実感
「退職」という決断・・・

仕事が楽しくて仕方がなかった20代後半。

プライベートでは長男を出産。育休を経て、次男を出産しました。

初めての育児、そして仕事との両立は、想像をはるかに超えていました。

時短勤務ではパンを焼くことすら難しく、仕事を持ち帰ることも頻繁に。

子供達もけして丈夫ではなかったですが、それ以上に私自身が体調を崩す日々。

いっぱいいっぱいでした。毎日「限界を超える」、そんな生活だったのです。

両立6年目、悩みに悩み、そして私は「退職」という選択をしました。

 

教室開業に向けて・・・
​自宅で作る「美味しいパン」への壁

退職と同時に、私の中には「独立=教室開業」の思いが芽生えていました。

「美味しいパンを作る自信がある!」そう思っていたからです。

しかし、その自信は無残にも打ち砕かれます。

「おうちで美味しいパンが焼けない!」

プロ相手に焼けていた自分が何故?!

理由は簡単でした・・・。

今までは「機械」「材料」に助けられていたのです。

業務用の膨らむ粉、ミキサーに発酵機、そして大型のオーブン。

家にはそんなものはありません。

​身近な道具と材料で、

お店で売っているパンのような、「ふわふわの美味しさ」を実現したい!

​そこから、再び私の挑戦は始まりました。

 

美味しく焼ける「5つのワザ」を確立!
​300名を超える生徒さんに、感動頂いています

とにかく焼き続けました!求めたのは・・・

「初心者でもお店のようなパンが作れる」方法。

しかも短期間で習得できて、自宅でもすぐに焼ける事が前提。

そしてようやくたどり着いたのが・・・

この教室でお伝えしている「5つのワザ」だったのです。

これまで、教室やカルチャースクールで、300名を超える生徒さん達に

この作り方をお伝えしてきました。

生徒さんの9割は「パン初心者さん」

皆さん初めは、とても不安そうにいらっしゃいます。

でもいざ作って頂くと・・・

「凄い!私にもちゃんと焼けた!!」

「パンてこんなに簡単に作れるんですね!!」

とても感動して下さいます。

「パンは敷居が高そう・・・」と思っている方に、

「気楽に楽しく簡単に!」パンを焼いて頂くためにも、

​これからも、誠心誠意でレッスンさせて頂きたいと思っています。

 

 

 

Coppyright@mama8080AllrightsReserved